☬ B.A.B~暗号通貨資産構築ブログ

暗号通貨を用いた収益方法や情報を配信しています。暗号通貨に関しては勉強中。

WWCビジネスでリアル億権利収入を勝ち取ろう!!【フィンテック革命到来】

こんにちは。

今回ご紹介するのは、
2016年12月13日からスタートのリアルビジネスです。
ビットを用いたHYIPでもなく1つのビジネスとなります。

なぜビットではなくこちらの案件を今回紹介するのかと言うと、
不安定要素の多いHYIPなんかより、実現性の高く、夢のある面白いビジネスに投資しませんか?ということです。

WWC(World Wide Capital)


WWCビジネスとは?

簡単に言うと、MASTERCardのプリンシパルメンバー(世界中にMASTERCardの発行を広げれる利権)の資格をもつ、ヨーロッパの金融会社『world wide capital』がVISAカードを追い越すために仕掛けたビジネスです。

WWCビジネスは、MASTERカードのプリンシパルメンバー(本会員)のバックボーンがあるきちんとしたビジネスモデルです。
それを看板広告やCMに委託せず、我々アフィリエイトメンバーに委託し、その広告宣伝料をメンバーに報酬として支払う仕組みとなってます。

WWCビジネスの会社は?

会社名:World WideCapital Management(ワールドワイドキャピタルマネージメント)

WWC(ワールド・ワイド・キャピタル)は、スコットランドの金融センターから生まれた金融総合事業グループです。

スコットランドの首都エディンバラを拠点に世界各国に向けたファイナンシャル事業の総合展開をしています。
そして、ITとファイナンスの融合をさせた決済システム(フィンテック分野)を担当するのが
WWCグループの中の「WWCマネジメント」社。
WWCマネジメント社は、成長率の高いアジアパシフィックエリアの金融事業の拡大を計画しており、2017年5月に香港に拠点を設置する予定、そしてアジア60ヶ国展開へと続きます。

【21世紀はフィンテック革命到来の時代】

フィンテックとは、Financial( 金融)+Technology(技術)の略語で銀行を使わないキャッシュレス技術のことです。

ビットコインに限らず、イーサリアム、リップルなどの世界に認める仮想通貨の存在により、現金に関する世界全体の金融の流れが変わりつつあります。

ファンティックマスターカードは、世界最先端のテクノロジー


フィンテックマスターカードがあれば、世界中どこでもカード一枚で決済可能です。プリペイド式なので使いすぎの心配もありません。

そんな時代背景の中、キャッシュレス社会に対応したのがデジタルウォレットのWWCウォレットです。

WWCウォレットの誕生】


世界共通のマスターカードと提携する事により、世界で通用するウォレットが誕生しました。
WWCビジネスは、このフィンテックマスターカードWWCカード)を広めるためのものです。

WWCウォレットは主に以下の3要素を広めるために存在します。
⬇︎⬇︎⬇︎
WWCフィンテックマスターカード
②MXコイン
WWCバーチャル銀行


au WalletやApple Payのように、現金を持ち歩かなくてもスマホで決済ができるサービスで、
アプリをインストールすることで簡単に利用できます。
※円・ドル・ユーロ・仮想通貨など、マルチカレンシー対応。
(仮想通貨は今のところBitcoin・Ripple・イーサリアムを予定)

WWCカード(フィンテックカード)の使い道



WWCから発行されるMaster Cardは、プリンシパルメンバーでの発行です。
プリペイド式カードなので、プリペイドマネーの主体としてWWCコインをWWCアプリでチャージして使います。

マスターカードが使えるお店・ATMで、決済や出金ができます。

ビットコインなどを利用してる人はビットコインを現金化せずにカードにチャージして利用可能で、6月から8月までに利用スタートします。

WWCウォレットは、キャッシュレス社会を加速させる未来のプラットフォーム


WWC Green Box
先ほどご紹介したWWC Wallet内の
GREEN BOX』というプラットフォームではゲーム・カジノ・FXなども楽しめます。

  • ⚪︎ゲーム
  • ⚪︎バイナリーオプション
  • ⚪︎FX
  • ⚪︎ゲーミングカジノ
  • ⚪︎パチスロ・ロト
  • ⚪︎会員限定ショッピングモール
  • ⚪︎会員限定バイヤーズモール


これは、構想ではなく既に『GREEN BOX』のサービスがスタートしており実際にバイナリーオプション取引ができています!


まだ始まって間もないですが、着々と事業展開がされていっています。とても楽しみです。

WWCビジネスの参加費用と参加権利について

⚪︎初期費用
399EUR(47880円)+2,000円(代行手数料)×ポジション数
※1ポジション約5万円です。
EURのレートは月初めに発表され、1ヶ月間固定です。現在、2017年3月は1EUR=120円で計算されており、上記金額になります。
⚪︎月費用なし
⚪︎年会費
カードシステム管理費
99 EUR (約11,880円) / 年


そして、もちろんのこと、カードを手っ取り早く広めるためにもネットワークMLM化が必要になって来ます。
WWCビジネスにも、ネットワークの存在があります。

そして、なぜかのタイミングかと言うと、

今なら2048組(EX組)限定でネットワーク組織自動構築がされ、4段階を踏んで株式が分与されるからです!!

しかも、オートシップ(毎月購入)もなしで
紹介人数も最小4人(自己ポジション含む)なので、敷居も低くなってます。

日本ではいま現在、この2,048組限定(EX組)の特別代理店を先行募集している段階となります。

※ただし2,048組に達成したら終了し、二次、三次、四次と続きます。最終はCardの無料配布となり世界中に普及させます。
一次の段階の我々はMLM収益、カード使用額から還元など億万長者も狙える可能性があります。

※現時点で既に、残り組数は700-150組程度となってます。

通常のネットワークボーナスに加え、これだけのボーナスがあるのですが次にご紹介するのがこのWWCビジネスの真髄の部分となります。
正直、他のボーナス取り下げてこれだけでも即決で参加するきっかけとなりえますw

2,048組限定EX特別Stepボーナス


登録後、はじめは1stステージのみのポジションですが、
条件として
紹介者を4組出すか5ポジション登録すること
でEX組となり、2ndステージに自分のポジションが自動で配置されます。
そして、この2ndステージが2048組限定のEX資格者だけの自動構築ステージということです。
1stステージで2048組みに入っていないともちろん、自動構築されません。

2ndステージにポジションを持てると
ネットワークを会社側が作ってくれるという自動構築がスタートします。

⚠️2048組以降のEXは、この特別ボーナス(ステップボーナス)の権利を持ちません。
例えば、権利を持たない人が4組紹介を出すと(もしくは5ポジ登録)
EXになりますがこの方の2ndステージでのポジションは会社側のポジションとなります。
そして、この会社ポジションが2,048組の方の下につきます。

完全に、2048組限定の先行勝ち逃げプランです。

特別EX枠の詳細

■2ndステージ
初めから皆さんは2ndステージにいる状態です。
新規EX同士でトライアングル形成で3rdステージにランクアップ。
■3rdステージ
2ndステージをクリアしたEX同士でトライアングル形成で、インベスターにランクアップ。
■インベスター
自分のクローンが誕生します。(分割)
再び2ndステージへ再配置されます。(リエントリー)
●リエントリーがシングルの方
4分の1が報酬として発生し、4分の3が2ndステージへの再投資に。
●リエントリーがダブルの方
4分の2が報酬として発生し、4分の2が2ndステージへの再投資に。
獲得報酬はダブルの方が大きいですが、その分原資が半減し、最終的に損してしまうようです。



Investorまで、ステップアップすると再ポジショニングができます。

再ポジショニングにかかる費用は下記を参照


一人1,2億円を一括ではなく、8回に分けて配当する形です。
2020年末に8分割終了予定です。

このような流れで、会社ポジションとInvestorの再ポジがネットワーク自動構築で下に振り分けられます。

すなわち、自動構築に加え、再ポジショニング能力も兼ね備えた万能ネットワーク構築ビジネスです。

正直、ここまでのネットワークビジネスはそうそうありません。

仮想通貨ビットコインが利用できるWalletやカードは最近たくさん出て来てますが、私はここの魅力に惹かれ、参加を決めた部分もあります。他にも、一緒にやる仲間や将来性などももちろん考慮しましたが。

今からの参加者の理想的な流れとしては、

まずこの2048組限定のエグゼクティブ組になり2ndステージに行くこと。

そして、1株分割配当の権利収入を確保し、組織構築によるバイナリー収入、2,020年カードを広げた手数料ボーナスでチャリンチャリン収入確定です。

WWCビジネスの現時点の状況

12月の初期登録メンバーは、
既に株を2分割し、さらに3分割目手前の方も既出しています。
WWCコインでもらえ現金化できます。コンビニATMで出金確認済です。

また、飲食店などでWWCカード決済も可能です。

カードの普及と共に将来に渡る、永続的な収入が確保出来ます。

参加費用に関してですが、4人紹介が出せる方は1ポジションからでも良いと思いますが現時点で5ポジション登録の方が多いみたいです。
自己ポジション紹介ボーナスにより、実質の参加費用も低減されるので、今後の組織の伸びやかステップアップボーナスを見越した参加者が多数です。私はそれを踏まえて15ポジション登録しました。

なぜ他のカードよりもWWCカードなのか?

ワイレックスや他のカードと何が違うのか?
まずワイレックス広めても報酬になりません。将来続くチャリンチャリン手数料収入もありません。

それに比べ、WWCカードは、MASTERCardのプリンシバルメンバー直系が仕掛けるので、コインで支払いしてもMASTERCardはお店に現金を払う。
そして、MASTERCardが店舗からとる手数料3%のうち2%がWWC、そしてその1%が我々会員に入ります。
ビットコインVISAカードやMASTERと提携できたが7年かかりましたが、WWCコインは1ヶ月で承認です。
ほとんどのコインはビットコインに変えないと現金引き出しできなかったり、VISAカードと提携できません。
そしてさらに、アプリ拡散のあかつきにはカジノ、ゲーム、BO、FX、ショッピングのグリーンボックスが稼働し、そこからボリュームシェアボーナスが入る。
もちろん、その他普通のボーナスも入ります。
紹介ボーナス
バイナリーボーナス
サクセスボーナス
など

WWCビジネスメンバーシップまとめ

代理店アフィリエイトメンバーの権利(49880円登録)

⚪︎agency取得「アフィリエイトメンバー」
⚪︎ブラックMASTERCard取得「フィンテックCard」
⚪︎アプリの鍵取得
⚪︎12000円分のFunコイン取得(バイナリーオプションに使います)
⚪︎WWCメンバーになれアプリの世界何兆円を共有
⚪︎ネットワーク組織ボーナス

特別プラン世界2048口限定エグゼクティブ会員の権利

上記に加え、

⚪︎EX特別Stepボーナス獲得権利
⚪︎4人紹介出すだけで1,2億円を一括ではなく8回に分けてMXコインを配当
※1MXコイン=120円

WWCビジネス最新情報

今回は、濃厚そうな情報をお伝えしておきます。

●総会員数:1,500名
●残り枠:700~150
●香港支社オープン間近
●新機能アップデート間近

会員数と残り枠は、正確な数字は不明ですが、「アナウンス」は来てません。
現時点ではまだ残っていると判断していいと思います。

会員数は、参考までに・・・

我々のトップのの現在の組織数は5,500ポジションです。

公式WEBサイト
http://wwc-mgt.com/
http://www.wwc-wallet.com/language/ja/


お問い合わせはこちら
友だち追加