B.A.B

暗号通貨を用いた収益方法や情報を配信しています。暗号通貨に関しては勉強中。

【投資調査アンケート】集計結果。今後の案件について思うこと。

お疲れさまです。

以前、実施させていただきました投資アンケート調査を締め切りましたので、私の見解と共に結果をこちらでシェアしたいと思います。

今回のアンケートの目的

まず、今回私がアンケート企画を行なった理由としては、みなさんの現在の投資状況を把握して、現在のビットコイン投資案件の需要や今後の案件提供吟味に役立てたいなと思ったところからです。 そして、今回のアンケートを参考に、今後生きて行く案件を考えたいと思います。 実際に、集計結果と共に、私なりの見解も含めてまとめたいと思いますので、どうぞご覧ください^_^

アンケート結果

Q1.現在投資しているHYIP案件について

  1. D9クラブ:11票
  2. ビットリージョン:7票
  3. イーサトレード:5票
  4. ビットモンスター:4票
  5. ビットクラブ:3票

  6. スポートアーブ:3票

  7. グラディアコイン:3票
  8. ウィンネックスプラス:2票
  9. エアービットクラブ:2票
  10. ビットシャワー:2票
  11. ユーマインド:2票
  12. クリプトレードキャピタル:1票
  13. TCC:1票
  14. ウォレットプラス:1票
  15. Zooo:1票
  16. セ○○:1票
  17. コインフィット:1票
  18. ダイスプロジェクト:1票

このように、上位5位は、予想どおりの結果となりました。 やはり一番人気はD9クラブでした。 HYIPの中でも比較的長く続いてる印象です。 そして、この案件でビットコイン投資を知った方が多いと思いますがビットリージョンは不動の人気案件です。 ビットモンスターは、4月に始まったばかりですが良質な案件という評価で爆発的に広まりました。 ビットクラブも、マイニングという言葉がユーザー一般層に浸透しだしてから固い案件として選ばれてますね。 下位票の案件は比較的新しいものが多いです。

さて、ここで一番重視したいのが、これだけの案件の中でも今現在進行形で続いている案件が果たしてどれほどあるのかということ。 今回投票にあがっている案件以外にも沢山のHYIP案件がありますが、

破綻❌ 雲行き怪しい(出金滞り)🔺 運営中⭕️

で判断したいと思います。

  • D9クラブ:❌(実質破綻)
  • ビットリージョン:🔺(着金滞りあり)
  • イーサトレード:🔺(新規投資&複利制限)
  • ビットモンスター:⭕️(運用中)
  • ビットクラブ:⭕️(運用中)
  • スポートアーブ:❌(破綻)
  • グラディアコイン:🔺(着金確認)
  • ウィンネックスプラス:⭕️(着金確認)
  • エアービットクラブ:🔺
  • ビットシャワー:⭕️(着金確認)
  • ユーマインド:🔺(運用中だが、懸念要素多い)
  • クリプトレードキャピタル:🔺
  • TCC:⭕️(運用中)
  • ウォレットプラス:
  • Zooo:❌(破綻)
  • セ○○:⭕️(運用中)
  • ダイスプロジェクト:⭕️

参照サイト http://www.allhyipmonitors.com/

比較的真新しい案件や、長期的に続きそうな案件は順調に運用していますが、 D9,ビットリージョン、エアービットクラブなどの古株は、着々とリミットが近づいてます。

今続いてる案件の中からも、数ヶ月後には破綻しているのも出てくるでしょうね。 ビットコインHYIP=ポンジスキーム形態は崩れません。

主観ではありますが、ビットモンスター、ビットクラブ、TCCあたりは比較的長く続くと考えています。

Q2.現在興味のあるまたは検討している最新HYIP案件について

  • マイナーワールド:11票
  • ビットモンスター:6票
  • イーサトレード:1票
  • TCC:2票
  • ビットクラブ:3票
  • CCP:1票
  • Wiinex+:3票
  • ビットシャワー:2票
  • オズプロジェクト:2票
  • セ○○:1票
  • Zooo:1票

意外にもかなり多かったのがマイナーワールドです。HYIPの中で比較的長続きする要素が揃ってるためでしょうね。 次に、ビットモンスターです。こちらも、真新しいHYIPで、長く運用していける要素が揃っていると思います。 細かいHYIPを投資先に選択する方も減りましたが、D9クラブに似たスキームのものや実態があり、比較的運用をしており、安心(実際はわからない)なHYIPを選択する傾向は続いています。

Q3.HYIPを含むビットコイン案件以外に投資・資産運用を行なっているかについて

これは予想どおりの結果となりました。 どのジャンルに限らず、ネットビジネスの兼用は当たり前になって来ましたね。 実際私も、数十個以上の案件をやってました。(少し多すぎですね笑) 一番は、自身のスタイルに合う軸の案件を決めて、絞って力を入れて余力で新しい分野にチャレンジしていくことが良いかなと思ってます。

Q4.その他、投資または運用している商品について(FX,アービトラージ,ブックメーカー,バイナリーオプション,投資信託,株式,外貨預金)

こうしてみるとやはり、FX、バイナリーオプション勢が多いです。 初心者では難しい分野でもありますが、最近ではシグナルソフトなど出て来て初心者でも稼げら環境が整って来ている印象です。 HYIPに投資していた方々が一気に流れ出したのも1つありますね。

暗号通貨市場が高騰している中で、様々なコインを保有している方も増えたと思います。 アービトラージを行なってる方も少なからず、出て来てますね。まだ穴場市場なのと、アルトコイン含め、暗号通貨が過熱して行く中でこちらもブームがきそうです。

Q5.現在行なっているまたは検討しているHYIP以外のネットビジネス(サビアン、WWC等)について

  • サビアン:8票
  • WWC:7票
  • WGN:4票
  • デュプリ:3票
  • Divvee:2票
  • EXC:2票
  • ワールドベンチャー:2票
  • スクリプト販売:1票
  • AABT:2票
  • アンビットエナジー:2票
  • MFC:1票
  • リゾネット:1票
  • D-BAC:1票
  • DVP:1票
  • オズプロジェクト:2票
  • BGM:1票

サビアンが結構人気です。 無料キャンペーンが打たれていたため、一気に日本でも拡散されましたが、オートシップや種々制限などあり、難しい面もあります。 次に、WWC,WGNは比較的新しく始まったビジネスで注目度は高い方です。実際、私も力を入れてやっています。 WWCに関しては、暗号通貨対応マスターカードが使える部分やアプリコンテンツ内容、カードの性能、そして株分割権利収入など事業が魅力的だったので今回かけてやっています。 AABTは、マイニング収入とデビットカードが貰えるようですが、わざわざ選択肢にはしないかなという印象でした。 オズプロジェクトに関しては、記事にもしている通り、高還元すぎるプラント運用部分の懸念要素が多かったため、私も見送りました。おそらく、回らなくなると思います。 BGMをやられている方がいたのも意外でした。 このビジネスはまだ日本では殆ど浸透してないみたいですが、内容は面白そうだったので現時点でもう少し調査して見てやるつもりです。記事にもしましたので、気になる方は参考にしてみてください。 全体的には、予想通りの割合になったと思います。

Q6.HYIPがほぼ全てポンジスキーム形態であることに関して

意外にもポンジスキームの意味を知らないで投資をしている方が5%以下もいたことに驚きました。 ポンジスキームとは、いわゆる自転車操業の仕組みで、既存会員への配当金を新規会員の投資金からまかなうことです。つまり、会社側が運用していないことになるので、新規会員が滞るともちろん、サービス運用も停止します。 ビットコインを扱うHYIP案件は殆どがこのタイプなので、案件精査は注意が必要です。 高還元からゆえ、元本を早期に回収でき、利益が得られる場合もありますが、D9のような末路を辿ることにならないようなしましょう。

Q7.それぞれの投資スタイルについて

中〜長期的に安定的な投資をしたいが65% 多少リスクが伴っても短期で投資をしたいが30%を占めました。 HYIPが飛んでいく中で、やはり皆さんが求めるのは長期的な運用ですね。これは、当たり前の結果となりました。

Q8.投資を行う上で最も重視している点について

# Q9.投資の用途について

さらなる資産運用が60%以上占めました。 私もそうですが、今現在暗号通貨市場で投資を行なっている方々は、ほとんどがこの部類に入るかなと思います。 今現在、資産構築の段階で、さらなる資産運用で収益を大きく得るために資産を形成している段階です。 既に、資産を構築されてる方はごくわずかと思います。 その先に、自身の生活やプライベート充実があると思います。

Q10.現在の投資に満足しているか

こちらは意外にもいいえと答えた方が70%もいました。 おそらく、HYIPに投資して飛ばれて資金を失った経験がある方が多いからではないでしょうか。 今でこそ、HYIPは下火ですが、かつては異常なブームも来てました。引き続き、案件精査しながら勝てる投資、リスクの少ない投資ができる案件を提供していきたいと思います。

アンケート結果総評

今回初めてアンケート調査を行いましたが、6月現在HYIPブームは過ぎ、暗号通貨現物に注目が集まってます。(実際、保有やトレードで十分利益も出ますので) 暗号通貨を用いた収益方法も変わりつつあるので、より皆さんに有益な情報を提供できるよう努めたいなと思いました。

今後の投資に関して思うこと

私自身これまで、様々なHYIP案件を経験してきました。 実際、ビットコインを知るきっかけになったのも1つのHYIP案件からでした。 しかし、数々のHYIP案件が飛んで閉鎖されて行く中で、案件提供を考え直すきっかけにもなりました。

この概念は変わることはないと思います。

HYIPブームもようやく下火に落ち着き、最近は紹介する方も随分減って来ましたが(まだちらほら見かけますが)今後、暗号通貨市場も加熱して行く中で暗号通貨を用いた収益方法にも変化が来ています。

そこで、私が実際に行なって実際に収益が取れ、現時点でお勧めできる収益の仕方をいくつかあげたいと思います。

  • 暗号通貨現物保有またはトレード

これからの暗号通貨の可能性を考えると ビットコインはもちろんのこと、イーサリアム リップル、ネム、ライト、モネロ、ファクトムなどのメジャーコインなど価値が上がる可能性が高いコインを保有しておくだけでも十分に資産構築が可能と思います。 イーサリアムに関しては、時価総額ビットコインに急激な迫っており、ますます注目を浴びてます。 暗号通貨現物そのものを保有している方は沢山いらっしゃるかと思いますが、トレードをしている方はまだまだ少ないのが現状です。

トレードに関しては、ユーザー数が多いコインチェックは、レートの幅が大きく短期的なトレードには向いてませんので、海外大手取引所のpoloniex (ポロニエクス)をお勧めします。 種類の暗号通貨(アルトコイン)の取引が可能です。

ただし、初心者の方にとっては、相場の変動が激しいアルトコイン市場でのトレードは随分敷居が高いと思います。 常にチャートで相場をチェックする必要もあります。 逆に言えば、相場の変動が激しいからこそ上手くトレードできれば大きく収益化も計れます。

チャレンジされたい方はまずは、小額&余剰資金でトレードに慣れておき、徐々に投資する額を増やして行くとよいでしょう。 実際に私もトレードしてますが、投資できる額が増えていくほど、トレードに慣れるほど稼ぎ幅も大きく変わって来ます。 私が普段使っている優秀なシグナル配信などもありますので、本気でトレードしたい方はお教えします。是非、活用しましょう、、

また後ほど、暗号通貨トレードに関するまとめ記事も書きたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

ビットコイン投資はほぼポンジスキーム形態が基本ですが、数ある案件の中でも優れた案件も存在します。

これからのビットコイン市場を考えると、私が優れた案件と判断する基準としては、

✔️元本が保証されているか

✔️BTC建てで運用できる

✔️会社の運用方法や実績が明確

✔️会社が手数料利益をしっかり取っている

などに着目して行いたいと思います。

その中でも今の時点で私がお勧めできる案件としては、

です。詳しくはそれぞれの名前からページへ飛んで確認してみてください。

アービトラージとは、取引所の価格差を利用して、利鞘を取ることです。 ビットコインを含む暗号通貨には、取引所で価格差が生まれます。 シンプルに、安い取引所で買い、高い取引所で売るというやり方です。

こちらのアービトラージも、暗号通貨トレード同様にまだまだやってる方が少なく、稼ぎやすい場でもあります。ただ、時間が経つにつれ、対策も強化されていくと思われるので時間との勝負です。稼げるときに稼いでしましましょう😀

今現在、アービトラージシステムの方も6月、7月公開を目処に準備を進めてますので、整い次第みなさんにもシェアしたいと思います。

ちなみにビットコインのみのアービシステムと多種類の暗号通貨対応のものの2種類準備しています。

楽しみにお待ちください^_^

最後に、アンケートご協力いただいた方には謝礼として、プレゼントを後程個別で送ります。 ありがとうございました。 また、定期的に行うつもりですので、その際はご協力のほど、よろしくお願いします。