B.A.B

暗号通貨を用いた収益方法や情報を配信しています。暗号通貨に関しては勉強中。

【暗号通貨情報】私が保有&トレードしている銘柄一覧。

こんにちは。 暗号通貨市場が上昇傾向にありつつ中、銘柄もたくさん増えてきてます。実際どのコインを保有するのが良いのか選択の仕方もわからないという方も多いかと思います。 そこで、今回は、私が今現在保有&トレードに利用している銘柄について書きたいと思います。 参考までにどうぞ。

中長期保有メインの銘柄一覧

基本的にここにあげてるコインは、トレードはせずあくまで保有(ホールド)メインにしています。 利幅が出せる日は、ホールド分は残して、たまにトレードしています。 また保有割合は現時点での割合で、市場の変化によりコロコロ変えてます。長期的な目安です。

ビットコインBitcoin

保有割合が一番多く、50%程度です。 言うまでもなく、時価総額1位の不動の人気を誇る暗号通貨です。

8月のソフトフォーク、ハードフォーク等の問題もありますが、その辺りの乱高下は気にせず、来週を目安にホールドします。 ソフトフォーク・ハードフォークに関しては回避する策もありますので、とくに私は問題視はしていません。

フォーク問題に関してはこちらを参考にしてください。 http://crypto-currency.site/?p=1236

最近では、格安飛行機ピーチや、豪華客船に初めて決済導入されたことが話題となりました。 今月に入って、来年の春には13000$になる可能性も現実味を帯びてきています。

ですが、6月に入ってこのビットコインが脅かされつつあります。 それが、次で紹介するコインです。

時価総額関連記事 http://btcnews.jp/3f0rh31511501/

ビットコインに関する記事はこち

イーサリアム(Ethreum/ETH)

保有割合が2番目に多く、15%程度。 元々、ビットコインに一番近いコインとして注目はされてましたが最近では、時価総額ビットコインに迫る勢いを見せており、6月に入ってさらに注目を浴びてきています。

10万円は目前で、30万も近いとの声が多く、ビットコインに変わって基軸通貨となりつつあります。

8月に予想されますビットコインハードウォークにより、多少は逃げ道としてこのイーサリアムにも流れてくるでしょうし、そこでまた価値も上がりそうです。

予測として7月下旬には1000$を超えてくるほど、短期でも強いコインと思います。

イーサリアムに関する記事はこち

シアコイン(Sia coin/SC)

保有割合が3番目に多く、10%程度。 メジャーコインではないですが、個人的にかなり気に入ってる通貨で期待値も高いです。

ストレージの共有というプロジェクトが素晴らしく、非常に現実味があるコインと思います。 課題としては、実用化と費用が既存のサービスに比して実際に圧倒的に安くできるかというところと考えてます。

今現在価値は低いですが、ポテンシャル部分も含め、これから上昇率が結構見込める通貨かなと思います。 まずは、2-3倍、長期で10倍の価値を目指しています。

Siaコインに関する記事はこちら

ネム(Nem)

保有割合が4番目に多く、7%程度。 個人的にはかなり期待している方です。 夏までに1$目標値が定めてあり、期待値は高い方です。 上昇率が短期でも長期でも期待できそうのなので、保有割合は多めにしてます。

ネムに関する記事はこち

リスク(Lisk)

保有割合は5番目に多く、6%程度。 リップルよりも期待しているのがこの通貨です。 6月時点で300-400円台ですが、700-800台は短期でゆうに超えてくると思います。

リスクに関する記事はこち

リップル(Ripple /XRP

保有割合が6番目に多い通貨です。割合は少なめです。理由としては、仕手の巣窟化しているからです。

7月、8月の銀行決済導入に向けて価格調整が入っているという情報もあり、7月までは横横(28-30円台)と踏んでます。 6月下旬には、イベントもありますがこれまでの傾向上変わらないか、やや上がりかなと見てます。

一時は日本人の過度なリップル期待により、50円付近をタッチしましたが、本腰の50円越えの壁はまだ先かなと見てます。

リップルに関する記事はこち

以下はメジャーコインではないですが、ここ最近注目を浴び始めているコインです。 最近保有を始めました。

オムニ(Omni

保有割合が7番目に多く、5%程度。 あまり馴染みのないコインではありますが、ここ最近日本の仕手が入り、注目の的となりました。 ご存知の方もいるかと思いますが、 日本の仕手のプロ集団が中長期でオムニの価値の底上げを計っています。 目標値は5〜10倍です。 ここも1つ選択肢として判断要素にはなるかと思います。

オムニに関する記事はこちら

ゴーレム(Golem coin/GLC

保有割合はオムニ同様5%程度。 リップルが0.6円台から40-50円付近まで高騰した このゴーレムも同じ道を辿ると言われてます。 まずは、中長期で10倍の価値を目指すといったところでしょうか。

ゴーレムに関する記事はこち

暗号通貨ポートフォリオを組む上で重視する点

ビットコインを言うまでもありませんが、これからはやはりイーサリアムが1つの基軸通貨として生きてくると思います。 ですので、イーサリアムベースの暗号通貨でポートフォリオを組むことが1つの目安と思います。 イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスクなどですね。

その他トレード&保有用マイナー銘柄

トレードをしながら、保有割合を増やしていってる通貨です。 保有ぶんとトレードぶんを割合で分けています。基本的にこちらのコインも将来的に見て価値が上がる可能性が高いものなので、BTC変換を繰り返しながら元本を増やしてます。

  • LBRY(LBC)

  • NXT

  • BCN

  • PINK

  • BTS

  • VTC

  • VRC

その他ICO暗号通貨

以下は例外的に極端に価値が低く、ボリュームもまだ少ない通貨です。 いわゆる上場前のICOコインと呼ばれるものですね。 少し宝くじ感覚ではありますが、中長期的に見て、期待値が比較的高いコインに投資しています。 大手の取引所にはまだ上場していないコインなので、取引所も限られてます。 各コイン詳細に関しては記事をご覧ください。

  • 1337

  • ESP

  • DTB

  • BAT

  • XVG

こうした上場前コインは、極端に価値が低いが故にきちんとしたプロジェクトでコインとしての価値がある程度見えてれば、今後価値が爆上がりなんてこともありますので、投資先としても面白いと思ってます。

ただし、リスク部分も踏まえて必ず、余剰資金&分散を心がけてくださいね。