B.A.B

暗号通貨を用いた収益方法や情報を配信しています。暗号通貨に関しては勉強中。

Omni(マスターコイン)について。

こんにちは。 アルトコイン情報です。 今回はオムニについてです。 古株ですが、ここ最近、認知度が上がってきているように感じます。

Omniの仕様は?

  • 名称:Omni (Master)
  • コード:OMNI
  • 開発者/開発組織:(Mastercoin Foundation)
  • 暗号化方式:Bitcoin
  • コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work
  • 承認目安時間:約10分
  • 上限発行量:約60万

最も古株なコインであるとともに、発行枚数が極端に少ないのも特徴です。

Omniのシステムについて

世界初のビットコイン2.0型暗号通貨

最も歴史が古いビットコイン2.0プラットフォームの一つであり、ユーザー独自通貨発行機能により、分散型インターネットMaidSafeプロジェクトのクラウドファンディングとして約6億円が集められたことで、ビットコイン2.0を利用した世界初のクラウドファンディングとして大きな話題を集めました。

Colored CoinsやCounterpartyと同様に、ビットコインの取引データに追加の情報を書き込むことにより、ビットコインブロックチェーン上のプラットフォームを実現しています。そのため、最も利用者が多く採掘速度の大きい(セキュリティ的に安定している)仮想通貨であるビットコインネットワークのセキュリティをそのまま利用できる、といった利点もありますが、ビットコインプロトコルにより送金の承認に約10分かかるなどOmniの機能に制約が生じるといった欠点も考えられます。

ビットコインを利用しているため、送金等に小額のビットコインがかかるほか、通貨発行等の一部の機能には、スパム防止のため基軸通貨OMNI(旧MSC)が少額必要となります。

OmniBitcoin上に構築されている

Omniは、カスタムのデジタル資産と通貨を作成して取引するプラットフォームです。 最も一般的かつ安全なブロックチェーンであるBitcoin上に構築されたソフトウェア層を指します。 Omniトランザクションは、Bitcoinブロックチェーン上の次世代機能を有効にするBitcoinトランザクションです。私たちのリファレンス実装であるOmni CoreはBitcoinのすべての機能と高度なOmni Layer機能を提供する拡張Bitcoin Coreです。

  • Bitcoin Blockchainで直接カスタム通貨と資産を簡単に作成
  • ブロックチェーンベースのクラウドファンディング
  • ブロックチェーンのピアツーピア取引資産
  • 使いやすい、安全なウェブウォレットを利用可能
  • Bitcoin Qtに基づくデスクトップウォレットとクライアントの完全検証
  • Bitcoin Coreに基づいたサーバデーモンの統合が容易
  • 2月の時点で1億米ドル以上のアセット・マーケット・キャップ上限
  • トップのBitcoinとAlt-coin交換との統合
  • テザードルは銀行信託に裏付けられ、tether.toとbitfinex.comでSWIFTに償還される

Omniプロジェクトについて

Omniの相場と推移

6/15時点での相場

0.19-0.20btc付近で安定しています。 Omniは発行枚数が少ないので、仕手がしやすいのも特徴です。 日本の仕手が絡んでるの事実ですが、中長期的に見て価格を底上げするようです。 5-10倍は想定していますが、どう転ぶかはわかりません。

今の相場が買い占めのラインなので、乗っかりたい方はこまめに買っておくと良いかもしれません。 私もトレードはせず、数ヶ月、一年単位で塩漬けしておきます。

Omni公式サイト http://www.omnilayer.org/