☬ B.A.B~暗号通貨資産構築ブログ

暗号通貨を用いた収益方法や情報を配信しています。暗号通貨に関しては勉強中。

これから価値が数十倍、数百倍になる仮想通貨がどんなものなのか考えてみた。大きな波に乗るために。

f:id:BitEmperor:20170704203348j:plain こんにちは。 今回は暗号通貨の価値について書きました。 ナイーブな話題でもあるので、興味半分で聞いてもらえればと思います。

暗号通貨トレードに関してですが、 正直なところ、かける額があるほどトレードは向いてると思います。 少額だとどうしても利益も少なく何しろ張り付く時間に見合ってません。

ですが、例えばかける額が10btcあれば一日に10%以上値上がりを見せる通貨は今の市場ではごろごろありますので、1btc利益を出すのも難しくありません。

1日市場の動きを見てどの通貨が上がりそうなのか判断してタイミングを見て買い、売る。

この労力に見合うだけの利益は欲しいものです。

Poloniexにある通貨の市場価値について

Poloniexには現在これだけの通貨が取り扱われています。

f:id:BitEmperor:20170704203406j:plain f:id:BitEmperor:20170704203425j:plain f:id:BitEmperor:20170704203525j:plain f:id:BitEmperor:20170704203733j:plain

数ヶ月前と比べて、日本でもPoloniexの認知度が高まってきました。 そして、事実イーサリアム、ライトコイン、ネム、リップルなどのメジャーコインと比較しても他のアルトコインも市場価値が急上昇してきています。

Poloniexにビックドリームはもうない

注目度も高まりニーズも増えてきた中で現時点でいうと、Poloniexに上場している通貨の価値の上昇率は以前と比べてそこまで急速ではないということです。

価値が急上昇するとすれば、大規模な仕手があるか、大きなイベントや開発が行われた時ではないでしょうか。

そもそもこれまで価値が低かったものが注目を浴び始め、ある程度価格も上がってきているので当然ではないでしょうか。

数ヶ月前には、BCNのように10倍以上のは値上がりを見せた通貨もありましたので同じように期待をする方々も多いかと思いますが市場の動きも変わりつつあります。

もちろん、中長期で見れば通貨の特性やプロジェクト開発の可能性など総合的に判断して数十倍の価値をつけるコインはもちろんあると思いますが

ここで言ってるのはかつてのように数十倍、数百倍の価値上昇が可能なコインがどれだけあるか?ということです。

短期間で見るとやはり、1.5〜2倍程度が現実的と思います。 Poloniexにかつてのような数十倍、数百倍のコインは数少ないということです。

ここ最近で特に注目される通貨は?

ここ最近の動きだけで言えば代表的なのが

  • NEOS
  • DGB
  • SC
  • BCN
  • BTS
  • LBC

などなどです。 他にもありますが、いづれも中長期的に価値が上がることが期待されており、さまざまな素材を持つコインです。

では短期間で数十倍。数百倍の価値になる通貨はどんなものか?

短期間で大きな波をつかみ、中長期的に価値が上がる可能性が高い通貨に増資をしたいという方も多いかと思います。 前述したpoloniex通貨でも仕手やイベント情報が重なることで数倍に跳ね上がることもありますが、それ以上のものはなかなか出てこないものです。

ずばり、Poloniex以外のマイナーな取引所で扱われている通貨が可能性として考えられます。 さらに言えば時価総額が100位以下で取引量がそこそこあるもの。

マイナー通貨の扱いが多い取引所としては、

  • Bittrex

  • Yobit

  • Coinexchange

です。 特にBittrexで扱われている通貨はpoloniexに上場することもありますので有名どころのコインは注目しておきたいところです。

ですが、100位以下のコインともなれば数も莫大な数があり、吟味も難しいものです。

このコインにどういう特性があり、プロジェクト額が関わっているかが大切です。 価値が上がるとすれば、これまで出てきている通貨の弱点を補う要素が少なからずあるか、また大きく違う着眼点があり注目を浴びる要素があるかと思います。

私は現時点でこれから各取引所にしか置いてない通貨を少なからず保有しており中には記事にしたコインもありますが、

こららが必ずしも価値が急上昇するという保証もなく、プロジェクトや基盤等々を総合的にみて投資を決めた通貨です。

価値がまだ低く、取引量も少ないコインもありますので少額投資を勧めます。

以下少しだけあげておきます。

  • DTB

    • BAT(Basic Attention Token)

    • SNGLS

    • XVG

    • 1337

    • RDD

    • ANS

記事にしているコインもありますがどれも小額投資ですがホールドしています。 特に注目したいのはほかの取引所に扱われる可能性がある通貨です。

ここでいうと

  • BAT
  • SNGLS
  • ANS

この3つはPOLONIEXに上場する可能性が高いコインです。 ほかの取引所に上場すれば注目もさらにあび、購入者も必然的に増えるため価値が上がることも容易に予想できます。

そして1337はbittrexにもあがっていない超マイナーコインですが他取引所に上がる話も出てます。(確定ではありません)

これら通貨は特に注目しています。

ほかにもまだまだ穴場コインもありますので気になる方は問い合わせしてくださればシェアいたします。

ICOに投資するという選択肢

ここ数か月のICOバブルは注目をせざるを得ません。

数十倍、数百倍への近道はこのICOコインへの投資かもしれません。

ICOとは?

そもそもICOとはInitial Coin Offeringの略称で、新規コイン公開のことを指します。

2017年に入り海外を中心に70以上の企業やプロジェクトが独自のトークン(コイン)を発行して800億円強の資金を調達したことで、新たな資金調達の手法として注目を集めています。

年間でいえば700近くのコインが誕生しており、盛んになってきてます。

新規コインが軒並み取引所への上場を果たし、ICO時の数倍の初値をつけることはよくあることであり、「ICO=儲かる」という思考が、標準化し投資を行うICO参加者が多数現れています。

しかし、このICOには大きなリスクが存在します。

そもそも数え切れなきれないほど存在し、その中でも成功するのは数%ということです。

短絡的に儲かるから投資をするのではなく、開発に関わる人物像やプロジェクト内容、コインの特性から見極めていく必要があります。

さらに優良ICOに認定されたからといってすぐに価値が上昇するとは限らず、難しい面もあります。

私が現時点で先行投資しているICOをご紹介しておきます。 近々記事にもまとめますが、気になる方はお問い合わせくださいませ。

  • DAC coin
  • CtoC coin