☬ B.A.B~暗号通貨資産構築ブログ

暗号通貨を用いた収益方法や情報を配信しています。暗号通貨に関しては勉強中。

デジバイトコイン(Digibyte coin/DGB)とは?長期的に価値上昇が期待できるアルトコイン。


f:id:BitEmperor:20170714142356j:plain





今回はデジバイトコインに関してです。
さまざまなアルトコイン記事を書いてきましたが、ようやくこちらのコインについて詳しく書くことができました。
個人的に長期的に期待しているコインです。


Digibyte/DGBとは?


Digibyteは「DigiShield」という独自のdifficulty調整アルゴリズムを最初に発明・導入したコインです。

difficulty調整アルゴリズムとしては、Kimoto Gravity Wellというものが主流ですがDigiShieldを採用したことで有名になりました。

Digibyte/DGBの仕様

  • 公開日2014-01-12
  • システムProof of Work
  • アルゴリズムScrypt / SHA-256 / Qubit / Skein / Groestl
  • コイン発行上限21,000,000,000(21億)DGB
  • ブロック報酬(開始時)8,000
  • ブロック報酬減少毎月1%減少

 

  • ブロック生成間隔約15秒
  • Difficulty調整1ブロック毎 DigiShield
  • 事前採掘(premine)0.5%

Digiyte/DGBの特徴


Difficulty調整がDigiShieldと呼ばれる特殊な方法で1ブロック毎に行われるのが最大の特徴です。

DigiShield(デジシールド)

multipool対策として発明されたdifficulty調整アルゴリズムには、既にKGW(Kimoto Gravity Well)というものがあり多くの暗号通貨で採用されていましたが、以下の問題点がありました。

  • multipoolの対策として十分に機能していない(2~4倍以上のハッシュレート変動に対応できていない)
  • アルゴリズムが複雑で難解である


これらの問題点がこれまでに指摘されていましたが、これらの問題点を解決した形で公開されたのがこのDigiShieldです。

DigiShieldでは、1ブロック毎にdifficulty調整がなされるのはKGWと同じですが、直前のブロック生成におけるハッシュレートから単純に調整される点、アシンメトリック(非対称)なdifficulty調整と開発者はうたっており、difficultyが上昇しにくく低下しやすい点などの特徴があります。


また、最初はLitecoinと同じScryptをアルゴリズムとしていましたが、途中から採掘者は好きなアルゴリズムを選んで採掘できるという複数アルゴリズム形式(Myriadcoinが最初に導入)に変更されました。

5つのアルゴリズム採用



f:id:BitEmperor:20170714234152j:plain





Digibyteは、5つのアルゴリズム(Scrypt, SHA-256, Qubit, Skein, Groestl)を採用しており、採掘者は好きなアルゴリズムで採掘できますが、ブロックチェーン自体は1本ですが、アルゴリズムごとにブロックがあり、difficluty調整等もアルゴリズムごとになされます。

他にもLitecoinと比べコイン生成量が非常に多く、ブロック生成間隔が短いのも特徴です。

このように開発部分においては比較的洗練されている印象です。

Digibyte/DGBロードマップ


f:id:BitEmperor:20170714234234j:plain





このロードマップにある通り、
DigiByteの構想の1つとして、ゲーム系のプラットフォームを目指すというものがあり、このジャンルの暗号通貨は今後大きな発展を期待されています。


同じようにゲームに関わるアルトコインとしてGameCreditsも注目を浴びてますが、やはりゲームは需要部分でも大きな支えとなり得ます。

私の記事でご紹介している超マイナーコインの1337もゲームに関わるアルトコインで注目しています。


いづれにせよ、デジバイトは今後の開発が楽しみです。


関連ニュース

6月10日にMainkraftに統合される?


f:id:BitEmperor:20170714175726j:plain


ゲームマインクラフトで、Digibyteが獲得できることが大きな話題となりました。

マインクラフトは特に海外でファンができるほどの人気のゲームで日本でも知名度はハマっている人もいるほど高いです。


このゲーム内にDigiByteコインを採掘(いわゆるマイニング)することで獲得できるようになるようです。

Digibyteマインクラフト情報サイト
https://minethatdigi.org


Digibyte/DGBのプロジェクト


DigiByteはブロックチェーン技術を利用してサイバーセキュリティやアプリケーション統合を目的としたプロジェクトです。

開発やプロジェクトとともに会社としても評価が高く、高い評価にもかかわらず価値が低いコインとしてこれから延びしろが期待されているコインの代表として注目を浴びてます。

ビットコインとの比較


f:id:BitEmperor:20170714234211j:plain

セキュリティ


ビットコインが1アルゴリズムに対してデジバイトは5つのアルゴリズムです。

スピード


トランザクション認証はビットコインよりも速く、
ブロック生成は15秒でビットコインは10分もかかります。
完了するまではビットコインが一時間かかるのに対してわずか1.5分です。

ビットコインに勝っています。

トランザクションボリューム


1秒間に処理できるトランザクション量のことです。
ビットコインが一秒間に7つにたいして
デジバイトは280以上もの量を処理可能です。

供給量


デジバイトは、発行上限は210億DGBで、2017年5月現在で約81億DGBが発行されています。

柔軟性

デジバイトは、未だ開発段階にあるため既に成長しきっているビットコインよりもはるかに成長の幅があると言えます。

ビットコインよりも速く、新しい特徴やアップグレードをしていきます。

将来的には一秒間に何千もののトランザクションリミットを可能にすることを目指しています。

市場と需要

ビットコインは、既に基軸通貨として需要ははかり知れませんがデジバイトも同じようにマーケットやユーザーの点から見ても、優れていると言えます。

これだけ開発やプロジェクトが明確で期待値が高いにも関わらず価値が未だ0.01$と極端に低いからです。

開発陣としても長期的に見て1$、10$を目標値として定めているようです。


Digibyte/DGBが購入できる取引所

日本の大手取引所コインチェックやビットライヤーでの取引はできません。

海外大手のPoloniex(ポロニエクス)またはBittrex(ビットトレックス)で取引が可能です。


Digibyte/DGBの相場と価格推移





DigiByteは2017年5月以降、価格が高騰しました。

2017年当初1DGBあたり0.03円程でしたが、6月には1DGBあたり6円台になりました。約200倍の高騰です。


そして、6月~7月の2ヶ月間でには、大きく2つの注目ポイントが生まれました。


一つ目のポイントは統合の件に関して6/10に正式にリリースがあるという事で、その期待感から価格は高騰を始めましたが、リリース直後に材料出尽くしで大暴落しました。

プロジェクト前への期待値からの上昇が既に目標値を越えてしまっていることからプロジェクト発表後に大暴落なんてことはよくあることです。



2つ目のポイントはかなり最近のことですが8月のビットコイン分裂問題やICO参加の件からアルトコインの大幅売りからの狼狽売りです。

価値が500付近まで下がったときは、驚きましたがさらに、それからも下げ、一時370台まで大暴落しました。

正直ここまで下がることは予想できませんでしたが、420台で私はエントリーできました。



今後の展望ですが、7月中はビットコインの分裂問題が解決しない限りは、低迷を繰り返すかもしれませんが、長期的に見ると、今のタイミングは凄くチャンスだということが分かります。


開発やプロジェクトから見ても、Digibyteはポテンシャルを大きく秘めているのでここで買えた方はボールドしておけばそれなりに期待値も高まることでしょう。


特に大幅下げからの回復時には特に注意して引き続き見守りたいと思います。